賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 家賃滞納が続いた場合の法的措置について具体的な手順を教えてください。

A.

家賃滞納が続いた場合の法的措置に進む前に、まずは入居者とのコミュニケーションを試み、滞納の理由を確認し、可能であれば支払い計画を立てることが推奨されます。この段階で解決しない場合は、以下の手順に従います。

督促状の送付:
正式な督促状を書面で送付し、特定の期日までに家賃の支払いを求めます。

内容証明郵便の利用:
支払いの催促や契約解除の通知を内容証明郵便で送ることで、送付した日付と内容が公的に記録されます。

契約解除の通告:
法的手続きに基づき、賃貸契約の解除を通告します。

立ち退き請求の申し立て:
契約解除後も入居者が立ち退かない場合は、裁判所に立ち退き請求を行います。

裁判所の判断:
裁判所は、立ち退き命令を出すかどうかを判断します。命令が下されれば、それに従って強制退去が可能になります。

法的措置には時間とコストがかかりますので、事前に専門家と相談し、適切なアドバイスを得ることが重要です。また、入居者との和解を最優先に考え、法的措置は最終手段とするべきです。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。