賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 入居者が原状回復を拒否した際の対処法とオーナーの権利について教えてください。

A.

入居者が原状回復を拒否した場合、まずは契約書の内容を確認し、原状回復に関する条項を再確認します。契約書に基づいて入居者と円滑なコミュニケーションを試み、契約内容に従った行動を求めることが第一歩です。解決に至らない場合は、第三者機関への相談や調停を検討します。このプロセスでは、入居者による損傷の証拠を集め、写真撮影や修理見積もりを用意することが重要です。

もし調停や話し合いでも解決しない場合は、法的措置を取ることがオーナーの権利として保障されています。裁判所に損害賠償請求を行う前に、法律の専門家に相談し、適切なアドバイスを受けることが推奨されます。

オーナーは契約書に基づき、物件の原状回復を求める権利を有しています。ただし、自然摩耗や経年劣化によるものは原状回復の対象外となることが一般的です。この点を明確にし、入居者との間で生じた問題に公正かつ効率的に対応することが、トラブル解決の鍵となります。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。