賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸物件の相続税対策について教えてください

A.

賃貸物件の相続税対策にはいくつかの有効な方法があります。まず、小規模宅地等の特例を活用することが考えられます。この特例により、被相続人が賃貸経営をしていた土地については、一定の条件を満たすことで、評価額が50%に減額されます。これにより、相続税の負担を大幅に軽減できます。

次に、不動産の法人化を検討することも有効です。法人に不動産を所有させることで、個人の相続財産から外れ、相続税の対象額を減らすことが可能です。また、法人に所有させることで、運営管理が効率化され、経費計上の幅も広がります。

また、生前贈与を活用することも一つの方法です。年間110万円までの贈与は非課税となるため、計画的に少額ずつ贈与を行うことで、相続税の対象となる財産を減らすことができます。ただし、生前贈与には贈与税がかかる場合もあるため、注意が必要です。

さらに、生命保険の活用も効果的です。被相続人が生命保険に加入し、保険金を受取人に指定することで、相続税の非課税枠を利用して相続税の負担を軽減することができます。

これらの対策を組み合わせて活用することで、賃貸物件の相続税対策を効果的に行うことができます。具体的な対策については、税理士と相談しながら進めることをお勧めします。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。