賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸物件のリース契約に伴う税務上の注意点は?

A.

賃貸物件のリース契約に伴う税務上の注意点には、いくつか重要なポイントがあります。

まず、賃料収入の計上時期です。賃料は実際に受け取った時点で収益として計上します。前払いの賃料についても、受け取った時点で収益となりますので、適切に記録しておく必要があります。

次に、敷金と礼金の処理です。敷金は返還義務のある預り金であるため、収益として計上しません。返還しない部分については、賃貸契約終了時に収益として計上します。礼金は返還義務のない収入であり、受け取った時点で収益として計上します。

修繕費と改修費の区別も重要です。修繕費は現状回復を目的とするものであり、その年度の経費として全額を計上できます。一方、改修費は建物の価値を向上させるためのもので、減価償却を行い、耐用年数にわたって少しずつ経費として計上します。

また、ローンの利息も経費として計上できます。不動産の購入やリノベーションのために借り入れたローンの利息部分は、経費として計上することができます。ただし、元本返済部分は経費として認められません。

さらに、青色申告を行うことで、最大65万円の控除を受けることができます。青色事業専従者給与を利用することで、家族に支払った給与を経費として計上することも可能です。

最後に、消費税の取り扱いも確認しておきましょう。住宅用賃貸物件の賃料は非課税ですが、事務所や店舗として貸し出す場合は消費税が課税されるため、適切な申告が必要です。

これらの注意点を踏まえ、リース契約に伴う税務処理を適切に行うことで、税務上の問題を避け、正確な財務管理が可能になります。具体的な処理方法については、税理士に相談することをお勧めします。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。