賃貸管理のアイル福岡

貸したい

アイルのスマートホーム

賃貸物件のスマートホーム化で空室対策を行いませんか?

賃貸物件のスマートホーム化で空室対策を行いませんか?

2033年、日本の空き家は約2,150万戸(空き家率30.2%)になると予測されています。
このような、大"空き家"時代にも安心して賃貸経営を行うには、入居者を惹きつける付加価値が必要です。
株式会社アイルでは、IoT化されたアパート・マンションで、入居者さまの満足度を向上させ、一歩先をゆく安定的な賃貸経営をサポートします。

動画でわかるスマートホーム

アニメでわかるスマートホーム

IoT化されたアパートやマンション(賃貸住宅)の世間の評価

ひとり暮らしの若手社会人、IoT化された賃貸住宅に『住んでみたい』46.8%

現在、様々な分野でIoT(インターネット・オブ・シングズ)対応機器が増えています。IoTとは、身の回りのものがインターネットでつながる仕組みのことで、AI(人工知能)やIoTの活用により、家電製品の音声操作や遠隔操作のほか、防犯機器等をネットワークでつないで一括管理することが可能となります。

全国のひとり暮らしをしている入社5年目までの社会人男女計600名を対象に、このようなIoT化された賃貸住宅に住んでみたいか尋ねたところ、『ぜひ住んでみたい』(17.3%)『住んでみたい』(29.5%)合わせて約半数(46.8%)が『住んでみたい』との回答となりました。

IoT化された賃貸住宅にために現在の家賃にプラスしていくら払ってもよいか

また、IoT化された賃貸住宅にために現在の家賃にプラスしていくら払ってもよいか尋ねたところ、『1,000円以下』(22.8%)『5,000円』(22.4%)『3,000円』(21.7%)との回答が上位となりました。

ご覧のように、若者の半数近くがIoTアパートに憧れるか、あるいは興味を持っていることがわかります。
今後もさらに興味をそそるIoTデバイスが開発されてゆくでしょうし、IoT化はこれからの賃貸住宅のトレンドになっていくことは必至だと考えられます。

スマートホームによる空室対策ならアイルにご相談ください。