賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 空室期間の税務上の扱いは?

A.

賃貸物件が空室期間にある場合、税務上の扱いは、その期間中に発生する経費の取り扱いに大きく関わります。具体的には、空室期間中でも発生する固定資産税や管理費、広告費などは、通常の経営経費として処理できます。これらの経費は、物件の収入から差し引くことが可能で、税負担を軽減する効果があります。

一方で、空室による収入の減少は、直接的な税額の減少にはつながらないことに注意が必要です。空室期間が長期にわたる場合は、物件の運営戦略を見直す必要があるかもしれません。

賃貸経営における空室期間の管理や税務上の扱いに関しては、専門的なアドバイスが重要です。アイルでは、賃貸経営に関するご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡ください

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。