賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸経営における固定資産税評価額の算出方法は?

A.

賃貸経営における固定資産税の評価額の算出は、物件の種類や地域、特性に応じて異なります。
基本的に、市町村の税務課が3年ごとに固定資産の評価を行い、その評価額に基づいて固定資産税が計算されます。

評価額の算出は、主に物件の敷地面積や建物の構造、築年数、利用状況などに基づいて決定されます。具体的には、土地は公示価格や路線価などを参考に、建物は建築費用や減価償却を考慮して評価されます。

また、固定資産税の評価額には再評価の機会もあり、市町村による評価に異議がある場合は、異議申立てを行うことが可能です。固定資産税の詳細な算出方法や異議申立ての手続きについては、市町村の税務課や専門家に相談することが重要です。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。