賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸経営における減税対策の基本は何ですか?

A.

賃貸経営における減税対策の基本は以下のポイントに集約されます。

1. 経費の適切な計上
賃貸経営にかかる全ての経費(修繕費、管理費、広告費など)を正確に計上することが重要です。これにより、課税所得を適切に減少させることができます。

2.減価償却の活用
建物や設備の減価償却を適切に行うことで、税負担を軽減することが可能です。減価償却費は経費として計上でき、課税所得を減らすことに寄与します。

3. 節税対策の資産活用:
賃貸物件をリフォームすることで、減税対策としての資産価値向上を図ることができます。特に、省エネルギー改修やバリアフリー化など、政府の補助金や税制優遇を受けられる改修は有効です。

4. 適切な借入構造:
賃貸経営における借入金の利息は経費として計上できます。適切な借入れ構造を構築することで、利息支払いを通じた減税効果を期待できます。

5. 税務申告の正確性:
税務申告は正確に行い、適切な申告を怠らないことが肝要です。必要に応じて税理士などの専門家のアドバイスを受けることも一つの手段です。

これらの基本的なポイントを抑えることが、賃貸経営における減税対策の鍵となります。賃貸経営に関するさらなるご相談やサポートが必要であれば、アイルにお任せください。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。