賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸経営の税務でよく見落とされるポイントはありますか?

A.

賃貸経営の税務でよく見落とされがちなポイントには、以下のようなものがあります。

1.必要経費の適切な計上
賃貸経営における様々な経費(修繕費、広告宣伝費、管理費など)は、適切に計上することで税負担を軽減できますが、これらを適切に記録し、計上することを怠ると税務上のメリットを逃すことになります。

2.減価償却の適用漏れ
物件や改修にかかった費用に対する減価償却は、長期にわたって経費として計上できるため、税負担を軽減します。しかし、これらの適用を見落とすと、税務上の利益を得られません。

3.譲渡所得税の誤算
物件売却時の利益に対する税金計算で、取得費や売却にかかる費用を正確に把握しないと、実際よりも高い税金を支払うことになる可能性があります。

4.節税対策の見落とし
税制改正による節税対策や特例措置の活用を見落とすことで、税負担軽減のチャンスを逃すことがあります。

これらのポイントを押さえ、経費の適切な管理と計上、最新の税制改正情報の把握を行うことが、賃貸経営の税務での成功への鍵となります。専門家との定期的な相談を通じて、見落としのない税務管理を心がけましょう。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。