賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸物件の売却時に考慮すべき税務上のポイントは?

A.

賃貸物件の売却時に考慮すべき税務上のポイントには、主に以下があります。

1.譲渡所得税
売却による利益(売却価格から取得費や売却にかかる費用を差し引いた額)に対して課税されます。利益が発生した場合、所得税と住民税が適用されます。

2.所有期間
所有期間が5年以下の短期譲渡所得と、5年超の長期譲渡所得では税率が異なります。長期所有の方が税率が低くなる傾向があります。

3.節税措置の利用
特定の条件を満たす場合、税率の軽減や税額控除が適用されることがあります。例えば、小規模宅地等の特例や長期保有特例などがあります。

4.損失の繰越
売却によって損失が生じた場合、その損失を他の所得と相殺したり、翌年以降に繰り越して控除することが可能な場合があります。

適切な記録と文書の保持: 取得費や改良費、売却にかかる費用など、譲渡所得を計算する際に必要なすべての情報を正確に記録し、関連文書を保持しておくことが重要です。

売却時の税務処理は複雑であり、最新の税法や節税措置を正確に理解することが重要です。具体的な計画を立てる前に、税理士などの専門家に相談することをお勧めします。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。