賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸物件の確定申告で押さえておくべき基本事項は何ですか?

A.

賃貸物件の確定申告で押さえておくべき基本事項には、以下の点があります。

1. 収入の全額申告:
賃貸から得られる収入全額を正確に申告する必要があります。これには家賃収入だけでなく、敷金の調整や違約金なども含まれます。

2. 必要経費の計上:
賃貸経営にかかる経費は、収入から差し引くことができます。修繕費、管理費、広告宣伝費、ローンの利息、減価償却費などが該当します。

3.減価償却費の適切な計算:
建物や設備投資に対する減価償却を正確に計算し、申告することが重要です。耐用年数や償却方法に基づいた計算が必要です。

4. 特別控除の適用:
小規模宅地等の特例や、耐震改修促進税制など、特定の条件を満たす場合に適用できる特別控除があります。

5.書類の準備と保管:
領収書や契約書、銀行のローン明細など、収入や経費に関連するすべての書類を整理し、必要に応じて提出できるように保管しておくことが必要です。

6. 申告期限の遵守:
確定申告は毎年2月16日から3月15日までの期間に行われます。期限内に申告と納税を完了させることが必要です。

これらの基本事項を押さえ、適切に確定申告を行うことで、賃貸経営における税務上の問題を避けることができます。不明点がある場合は、一度アイルにご相談ください。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。