賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸経営の確定申告で控除できる経費の範囲はどこまでですか?

A.

賃貸経営の確定申告で控除できる経費の範囲には、賃貸事業に直接関連する費用が含まれます。これには以下のようなものがあります。

1. 修繕費:
物件の通常の維持修理にかかる費用。

2. 管理費
物件管理会社に支払う管理費用。

3. 広告宣伝費
入居者募集のための広告費用。

4. 減価償却費
建物や設備の減価償却。

5. 利息費用
物件購入のための借入金の利息。

6. 水道光熱費
共用部分の水道光熱費。

7. 保険料
物件の火災保険等の保険料。

8. 地代家賃
物件が借地上にある場合の地代。

9. 事務用品費や通信費
経営管理に必要な事務用品や通信費用。

10 法律相談費
物件経営に関する法律相談費用。

これらの費用は、賃貸事業から得た収入から差し引くことができ、課税所得を減少させることが可能です。
経費を計上する際には、支出の目的と賃貸事業との直接的な関連を明確にし、必要な書類や領収書を適切に保管しておく必要があります。
これにより、税務調査時に経費の妥当性を証明することができます。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。