賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸物件の管理費用で注意すべき税務上のポイントは?

A.

賃貸物件の管理費用に関して税務上注意すべきポイントには、以下のようなことがあります。

1. 全額経費計上可能:
物件管理にかかる費用は、賃貸経営に直接必要な経費として全額計上することができます。これには、物件管理会社への支払い、メンテナンス費用、共用部分の清掃費用などが含まれます。

2. 正確な記録保持:
支払った管理費用に関しては、領収書や契約書などの文書を正確に保管し、経費として計上する際の根拠として準備しておく必要があります。

3. 非課税のサービスとの区別:
管理費用の中には、税務上非課税扱いとなるサービスもあるため、課税対象の経費と非課税対象の経費を正しく区別し、申告することが重要です。

4. 資本的支出との区別:
日常的な修繕やメンテナンス費用は経費として計上できますが、物件の価値を増加させる大規模な改修やリノベーションは資本的支出とみなされ、減価償却を通じて経費化されます。

5. 適切な時期での計上:
支払った管理費用は、その費用が発生した年度内で計上することが原則です。会計年度を跨いで支払いが行われる場合は、適切な会計処理が必要になります。

これらのポイントに留意し、賃貸物件の管理費用に関する税務処理を適切に行うことで、税務上の問題を避け、賃貸経営の効率を高めることができます。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。