賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸経営で利用できる減税措置は何がありますか?

A.

賃貸経営で利用可能な減税措置には、以下のようなものがあります。

1. 減価償却費:
賃貸物件の建物や設備に対する減価償却を通じて、税負担を軽減できます。購入価格を耐用年数に沿って経費として計上します。

2. 修繕費:
物件の維持・修繕にかかる費用は、経費として直接計上でき、収益を得るための必要経費とみなされます。

3. 小規模宅地の特例:
住宅を賃貸している場合に適用される場合があり、相続税の負担軽減が期待できます。

4. 固定資産税・都市計画税の軽減措置:
新築物件やエコ住宅など、特定の条件を満たす物件には、固定資産税や都市計画税の軽減措置が適用されることがあります。

5. 投資促進税制:
エネルギー効率が高い設備への投資や、バリアフリー改修を行った場合、税額控除や特別償却の適用を受けられる場合があります。

これらの減税措置を活用することで、賃貸経営の税負担を軽減し、経営の効率化を図ることが可能です。
各措置の詳細や適用条件は変更されることがあるため、最新の税制情報を確認するか、税理士などの専門家に相談することが重要です。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。