賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸経営における税務計画を立てる際のポイントは何ですか?

A.

賃貸経営における税務計画を立てる際のポイントには、以下の要素が重要です。

1.収入の正確な把握
賃貸からの収入全体を正確に把握し、適切に申告することが基本です。家賃収入だけでなく、敷金調整や違約金も含めます。

2.経費の適切な計上
賃貸経営にかかるすべての経費(修繕費、管理費、広告宣伝費、減価償却費など)を正確に計上し、収益性を正しく評価します。

3.減価償却の最適化
購入した物件や改善投資に対する減価償却を適切に計画し、税負担を軽減します。

4.特例措置の活用
税法に定められた節税措置や特例(小規模宅地の特例、エコリフォーム減税など)を活用し、税務上の利益を最大限に引き出します。

5.将来の税率変動への対応
税制の変更に対応できるよう、最新の税法情報を常に把握し、柔軟な計画を立てることが重要です。

6.専門家との連携
税理士や不動産専門のアドバイザーと連携し、複雑な税務問題に対処し、節税策を実施します。

税務計画は、賃貸経営の収益性を高め、税負担を軽減するための重要な要素です。計画的に取り組むことで、長期的な賃貸経営の成功につながります。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。