賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 空室期間に発生する経費の税務処理について教えてください。

A.

空室期間に発生する経費は、不動産を運用する上で避けられない部分です。この期間にかかる経費は、物件の維持管理、広告宣伝費、修繕費など多岐にわたります。税務上、これらの経費は賃貸事業における必要経費として認識されることが一般的です。

物件の維持管理費には、固定資産税や管理会社への支払いが含まれます。これらは、物件が賃貸されていない期間でも発生し、税務上の損金として扱われます。同様に、空室を埋めるための広告宣伝費も、賃貸事業のための必要経費として認識されます。さらに、物件の価値を保持または向上させるために行う修繕費も、経費として計上できます。

これらの経費は、賃貸事業に直接関連するものであり、その事業から得られる収入に対するコストとして考えられます。したがって、これらの経費を適切に記録し、税務申告時に損金として計上することが重要です。こうすることで、正確な事業の収支を反映し、適切な税金の計算が可能になります。

税務処理には細心の注意が必要であり、最新の税法や規制の変更にも対応する必要があります。そのため、専門の税理士の助言を得ることをお勧めします。これにより、税務上の適切な処理を保証し、将来的な問題を避けることができます。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。