賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 家賃滞納による差し押さえ後の税務処理の手順と注意点を知りたいです。

A.

家賃滞納による差し押さえ後の税務処理には、注意が必要です。差し押さえた家賃は、賃貸事業の収入として認識されます。この際、実際に入金が確認された時点で収入として計上することが一般的です。つまり、差し押さえを行った時ではなく、実際に回収した時が重要となります。

回収した家賃は、通常の家賃収入と同様に、事業収入としての扱いを受けます。これにより、その年度の税務申告において収益として計上されるため、適切な税金が課されることになります。

注意点としては、差し押さえや回収のプロセスで発生した費用も考慮する必要があります。これらの費用は、必要経費として計上することが可能です。したがって、法的手続きや回収にかかる費用の記録を正確に保持し、税務申告時にこれらを経費として申告することが重要です。

このように、家賃滞納に対する差し押さえとその後の税務処理は、入金の確認、収入としての計上、関連費用の適切な管理と申告が鍵となります。専門家と相談しながら、正確な記録と申告を心がけましょう。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。