賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. オーナーチェンジ物件の税務上の注意点と対策について詳しく教えてください。

A.

オーナーチェンジ物件、つまり既に賃借人が入居している状態で所有者が変わる物件の取り扱いには、いくつかの税務上の注意点があります。まず、物件の購入時には、購入価格の一部が既存の賃貸契約に起因する権利(賃料収入権)に対するものとみなされることがあります。この部分については、将来にわたる賃貸収入として計上され、従って減価償却の対象外となります。

次に、購入後の賃貸収入は当然、新オーナーの収入として申告する必要がありますが、物件の維持管理に関わる経費も同時に新オーナーの経費として計上できます。これには、修繕費や管理費、共益費などが含まれます。

オーナーチェンジ物件を取得する際の主な対策としては、購入前に物件の賃貸契約内容を詳細に確認し、将来の賃貸収入に関わるすべての情報を把握しておくことが重要です。また、購入価格の配分を適切に行い、賃料収入権の価値を正確に評価することが求められます。

税務上の処理に関しては、専門家と連携し、最新の税法に基づいた適切な申告を心掛けることが後々の問題を避けるために不可欠です。こうした対策を講じることで、オーナーチェンジ物件の取得と運用に際しての税務上のリスクを最小限に抑えることが可能になります。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。