賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸経営におけるクレジットカード決済の利用時の税務上の扱いはどうなりますか?

A.

賃貸経営においてクレジットカードで家賃を受け取る場合、受け取った家賃は通常の収入として税務上処理されます。クレジットカード決済を通じて受け取る家賃も、現金や銀行振込による収入と同様、賃貸事業の売上として計上します。

ただし、クレジットカード決済には手数料が発生するため、この手数料は賃貸経営における必要経費として扱われます。つまり、決済手数料は事業の経費として計上することができ、これによって課税所得が減少し、税負担が軽減される可能性があります。

クレジットカード決済の利用に際しては、収入と経費を明確に区分し、正確な記録を保持することが重要です。税務申告時に適切な情報提供が可能となり、税務上の問題を避けることができます。また、決済手数料の適切な管理は、賃貸経営のコスト管理においても重要な要素です。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。