賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 減価償却費の計算方法を教えてください

A.

減価償却費の計算方法は、物件の種類や購入時期によって異なりますが、一般的な手順を以下に示します。

まず、建物と土地の購入価格を分けて計算します。減価償却は建物部分にのみ適用され、土地部分には適用されません。購入時の契約書や固定資産税評価額を参考に、建物と土地の割合を決定します。

次に、建物の耐用年数を確認します。建物の耐用年数は、税法上の耐用年数表で確認できます。税法上の耐用年数表は、国税庁のホームページで公開されています。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/pdf/2100_01.pdf

減価償却の方法には定額法と定率法がありますが、ここでは定額法を用いた計算方法を説明します。定額法では、毎年一定額を減価償却費として計上します。計算式は以下の通りです。

1.取得価額の算出:
建物の購入価格 - 取得時の経費(登記費用など)

2.年間減価償却費の計算:
取得価額 ÷ 耐用年数

例として、建物の購入価格が2,200万円で、耐用年数が22年の場合、年間の減価償却費は以下のように計算されます。

年間減価償却費 = 2,200万円 ÷ 22年 = 100万円

この100万円を毎年経費として計上することで、課税所得を減少させることができます。具体的な計算や適用方法については、税理士に相談し、正確な手続きを進めることをお勧めします。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。