賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 修繕費とリノベーション費用の税務上の違いは?

A.

修繕費とリノベーション費用の税務上の違いは、経費として計上できるタイミングと方法にあります。

修繕費は、建物や設備の現状維持や機能回復を目的とした費用です。これには、壁の塗り直しや設備の修理、日常のメンテナンス費用が含まれます。修繕費は、発生した年度の経費として全額を一度に計上することができます。これにより、その年度の課税所得を直接減少させる効果があります。

リノベーション費用は、建物や設備の価値を増加させるための改良や改装にかかる費用です。例えば、キッチンの全面改装やバスルームの高級化などが該当します。リノベーション費用は、建物の価値を向上させる投資と見なされるため、全額を一度に経費として計上することはできません。代わりに、耐用年数に応じて減価償却を行い、少しずつ経費として計上します。これにより、数年間にわたって税負担を分散させることができます。

具体的な例として、壁の塗り直し(修繕費)は即時に経費計上できますが、キッチンの全面改装(リノベーション費用)は耐用年数に応じて減価償却します。これらの区分は税務署のガイドラインに基づくため、詳細な判断は税理士に相談することをお勧めします。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。