賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸経営における節税対策の具体例を教えてください

A.

賃貸経営における節税対策にはいくつかの具体的な方法があります。まず、青色申告の活用が効果的です。青色申告を行うことで、最大65万円の控除を受けることができ、さらに青色事業専従者給与を活用することで、家族に支払った給与を経費として計上できます。

次に、減価償却費の適用です。建物や設備の購入費用は、耐用年数に応じて毎年経費として計上できます。これにより、毎年の課税所得を減少させることが可能です。

また、修繕費の計上も有効です。建物の維持管理にかかる費用は、発生した年度に全額を経費として計上できるため、課税所得を直接減少させます。例えば、壁の塗り替えや設備の修理費用が該当します。

さらに、ローンの利息も経費として計上できます。不動産の購入やリフォームのために借り入れたローンの利息は、経費として計上することで、課税所得を減少させることができます。

最後に、法人化を検討することも一つの方法です。個人事業主よりも法人の方が税率が低くなる場合があり、全体的な税負担を軽減できる可能性があります。

これらの節税対策を組み合わせて活用することで、賃貸経営の税負担を効果的に軽減し、収益を最大化することができます。具体的な節税対策については、税理士に相談して最適な方法を選択することをお勧めします。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。