賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸物件の税務計画を立てる際のポイントを教えてください

A.

賃貸物件の税務計画を立てる際には、いくつかの重要なポイントがあります。

まず、経費の把握と記録が基本です。管理費、修繕費、保険料、ローンの利息、減価償却費など、すべての経費を正確に把握し、記録することが大切です。これにより、課税所得を正確に計算し、適切な経費を計上することができます。

次に、減価償却の適用です。建物や設備の購入費用は、耐用年数に応じて毎年減価償却として計上することができます。これにより、毎年の課税所得を減少させ、税負担を軽減することができます。

また、青色申告の活用も検討すべきです。青色申告を行うことで、最大65万円の控除を受けることができ、さらに青色事業専従者給与を活用することで、家族に支払った給与を経費として計上することが可能です。

さらに、生前贈与を活用して相続税対策を行うことも一つの方法です。年間110万円までの贈与は非課税となるため、計画的に少額ずつ贈与を行うことで、相続税の対象となる財産を減らすことができます。

最後に、定期的な見直しを行うことが重要です。税制や法律は頻繁に変更されるため、最新の情報を常に把握し、必要に応じて税務計画を見直すことが求められます。

これらのポイントを押さえて、賃貸物件の税務計画を立てることで、効果的に税負担を軽減し、収益を最大化することが可能です。具体的な計画については、税理士に相談することをお勧めします。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。