賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸物件の経費計上で最も見落としがちな項目は何ですか?

A.

賃貸物件の経費計上で最も見落としがちな項目には、以下のようなものがあります。

まず、減価償却費です。建物や設備の購入費用は耐用年数に応じて毎年減価償却として計上できますが、この計上を忘れることがよくあります。減価償却費は経費として認められるため、適切に計算し、毎年忘れずに申告することが重要です。

次に、管理費や修繕費の一部も見落とされがちです。日常的な清掃費や小さな修理費用、例えば鍵の交換費用などは、つい記録し忘れることがあります。これらの経費もすべて計上することで、課税所得を減少させることができます。

ローンの利息も重要な経費です。賃貸物件の購入やリノベーションのために借り入れたローンの利息は、経費として計上できます。しかし、元本返済部分は経費として認められないため、利息部分のみを正確に計上することが求められます。

また、保険料も見落としがちです。火災保険や地震保険など、物件に関連する保険料は経費として計上できます。保険料の支払いが年払いの場合、その金額を忘れずに計上しましょう。

さらに、通信費や広告費も見落としやすい項目です。入居者募集のための広告費や、物件管理に必要なインターネットや電話の通信費も経費として計上できます。

これらの項目を見落とさないようにすることで、正確な経費計上が可能となり、税負担の軽減に繋がります。具体的な経費計上については、税理士に相談することをお勧めします。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。