賃貸管理のアイル福岡

貸したい

マドリームに紹介されました

物件オーナー様からのよくあるご質問(FAQ)

Q. 賃貸物件の所得を分散させるための法人化のメリットは?

A.

賃貸物件の所得を分散させるための法人化には、いくつかのメリットがあります。

まず、税率の違いです。個人の所得税率は累進課税であるため、所得が高くなるほど税率も高くなります。一方、法人税率は一定であるため、高所得者にとっては法人化することで税負担を軽減することができます。

次に、経費計上の幅が広がる点です。法人の場合、経費として認められる範囲が広がりやすく、より多くの支出を経費として計上することができます。例えば、役員報酬や社員の福利厚生費、オフィスの賃料などが経費として認められます。

また、家族への所得分散もメリットの一つです。法人化することで、家族を役員や従業員として雇用し、給与を支払うことで所得を分散させることができます。これにより、全体の税負担を軽減することが可能です。

さらに、資産の保護という観点も重要です。個人で不動産を所有している場合、経営上のリスクが個人の財産に直接影響する可能性があります。しかし、法人として不動産を所有することで、法人と個人の財産を分離し、リスクを軽減することができます。

最後に、相続税対策としても法人化は有効です。法人として不動産を所有することで、相続時における財産の評価額を低く抑えることができ、相続税の負担を軽減することが可能です。

これらのメリットを活用することで、賃貸物件の所得を効果的に分散させ、税負担を軽減することができます。具体的な手続きや詳細については、税理士に相談することをお勧めします。

空室や管理でお困りのオーナー様、お気軽にご相談ください。

アイルの管理サービス

空室・確定申告・管理内容でお困りのオーナー様、私達にご相談ください。
分譲一室からも承っております。